Archive for 3月, 2014

ハイブリッド給湯器

エコ給湯器としてはエコジョーズが近年注目を集めています。しかし、エコジョーズをさらに上回る給湯器も販売されています。

有名メーカーのリンナイが開発したハイブリッド給湯器です。

こちらのハイブリッド給湯器はエコジョーズとエコキュートのいいとこ取りをした給湯器です。

用途によって使い分けをできる給湯器とかんがえるといいでしょう。

例えば、手洗いや洗顔など、少量のお湯で済ませられる場合にはヒートポンプで給湯し、お風呂やシャワー等大量のお湯が必要な場合にはエコジョーズでお湯を沸かします。エコジョーズとエコキュートを併用することでお湯が切れることがありません。

 

環境性能も単体よりも向上しています。CO2排出量はエコジョーズでも少ないと言われていましたがそれよりもさらに約20%の減少を可能にしています。

 

ランニングコストも低くなっています。従来の給湯器に比べるとエコジョーズは年間約1万円ものコスト削減になるります。それに対してハイブリッド給湯器はさらに半分のコストだそうです。環境にもやさしく、家計にもやさしい商品ですね。

 

ただし、本体価格はエコジョーズよりも高くなっています。しかし、リンナイの試算では約7年間使用することで導入コストを償却できると言われています。

給湯器の耐用年数は大体7年位だと言われていますから、普通に使っていれば元がとれると考えていいでしょう。

 

これから給湯器を交換しようと考えている人にはおすすめの給湯器ですね。

エコジョーズとエコキュート

ガスと電気の湯沸器の違いについて紹介していきました。

そこでどちらもエコだと言われているエコジョーズとエコキュートの違いについても紹介していきたいと思います。

 

結論から言ってしまうとエコキュートもエコジョーズもどちらも環境への貢献度は同じくらいです。

エコジョーズはガスを使う給湯器です。熱の無駄をなくしてこれまで排熱として捨てていたエネルギーも効率よく回収できるようになりました。

それに対してエコキュートというものは深夜電力を使ってヒートポンプでお湯を沸かすものになります。

 

エコキュートはガスや石油を使うわけではないのでCO2が発生しません。しかし、別のページでも述べている通り、日本の電力供給はほとんどが火力でまかなわれているので電気を使っている以上CO2を排出させているということが言えます。

 

それに対してエコジョーズは熱伝導効率の向上によりガスの使用量が減っているのでCO2の排出自体をご家庭で減らしていくことができます。13%のガス排出を抑えることができるそうです。

 

エコへの貢献は両者でほとんどかわらないということがわかりました。

ではどちらを選んだらいいかで考えていくと、使い勝手の良さで選べばいいといえるでしょう。

エコキュートは一度お湯をタンクに溜めてお湯を使っていきます。ため湯式なのでお湯が切れたり、シャワーの勢いや湯量が少なくなることがあります。また、タンクに湯垢がたまっていることも考えられますので使用をためらう人も多いようです。

電気給湯器

給湯器を買い換えるにあたって多くの人が注目しているのが電気給湯器ではないでしょうか。

オール電化にしている家庭も増えています。キッチンも電気にしているし、一切ガスを使わないためにお風呂のお湯も電気にしてしまおうと考えるようです。

熱源を電気に変えることで地球温暖化やCO2削減を実現することができます。

お風呂を沸かすのに使うエコキュートもガスではなく電気でお湯を沸かす給湯器です。

 

しかし、電気でお湯を沸かすのが本当にエコなのかという疑問の声も最近増えているのが事実です。

日本の電力供給は大部分が火力発電所で行われています。電気を使うことは結局はガスの排出を促しているのです。

 

もし、日本人の人口の約半数が電気給湯器に交換したとしたら給湯器からのガス排出量は減りますが、火力発電所からのCO2の排出は多くなります。

実際どちらがいいのかとかんがえると非常に難しい問題ではありますが・・・。しかし、テレビでよくエコと宣伝されていることには疑問視せざるを得ないといえるでしょう。

 

また、電気とガスの湯沸器の違いは電気の場合だとわかしたお湯をタンクに溜めておくという違いがあります。ガスの場合には水道から出てきた水をその瞬間に沸かしてお湯にし、使っています。

 

電気給湯器のタンク式だとお湯が切れてしまうおそれがあります。大容量のタンクをつかっていればお湯切れの心配は殆ど無いと思いますが、設置するためのスペースをかくほしなくてはなりません。

また、タンク式はお湯の出る勢いや量はガスに比べて弱いです。さらに、タンク内に湯垢が発生している可能性があるのでそのまま飲むこともできません。

 

現在ガス給湯器を使っているのであれば電気給湯器に交換するメリットはあまりないかもしれませんね。

 

エコ給湯器に

給湯器で注目されているのがエコ給湯器です。ガスを使った給湯器では潜熱回収型給湯器のエコジョーズが人気です。エコジョーズはこれまでのガス給湯器に比べて大幅な省エネ、省コストを実現した給湯器になっています。これまでの給湯器ではガスを燃焼させて使えるエネルギーというのは80%までで他の熱は排気熱として捨てていました。

しかし、技術の進歩によって95%まで熱のエネルギーを有効利用できるようになりました。

 

エコジョーズのほかに、エコキュートというものも名前をよくききます。

エコキュートは正しくは自然冷媒ヒートポンプ給湯器という名称です。

テレビのCMで見かけたことがある人も多いでしょう。エコキュートは「空気の熱でお湯を沸かす」給湯器です。エコキュートは空気に圧力をかけてそれによって発生する熱でお湯を沸かします。ガスと違ってSC2やフロンガスなどを排出しないため、環境にもやさしいエコな給湯器として注目を集めています。

 

ガスエンジン給湯器のエコウィルというものもあります。ガスエンジンとは都市ガスやLPガスなどを燃料としているガスエンジンです。このエネルギーをつかって発電を行い、その過程で発生する排熱をお湯を沸かすのに利用するシステムをエコウィルと読んでいます。家庭用コージェネレーションシステムの一種でこちらもエネルギーを無駄にすることなく有効活用することができます。

 

燃料電池システムのエネファームはガスや灯油などから水素を取り出して空気中の酸素と反応させて発電を行うシステムです。発電の時にでる排熱はお湯を沸かすエネルギーに使われます。こちらもエコウィルと同じで家庭用コージェネレーションシステムの一種です。